236 枚を審査基準や金利で徹底比較 ~
学生におすすめのカードローンをご紹介

勉強はもちろん、友人との付き合いも何かと忙しい学生時代。

アルバイトをしていても、サークルのイベントや飲み会など突発的な出費が重なると金欠になってしまうことがよくあります。

どうしても急ぎでお金が必要なのに親に仕送りをしてもらうのは時間がかかる、親に遊ぶお金が欲しいとは相談できない…。

このような学生の悩みを解決してくれるのがカードローンです。

とは言うものの、お金を借りていることが親にバレるのは学生にとって死活問題です。

このページでは学生が親や職場にバレずにカードローンを利用するためのポイントを紹介しています。

金欠に悩む学生さんはぜひ活用してください!


そもそも学生はカードローンを使ってお金を借りることができるのか?

学生はカードローンを利用できる?

学生とは学校で学業を修めているものとされており、学生という言葉は主に大学生を指すことが一般的です。

大学と言えば18歳から20歳を超える方まで幅広い方が通っています。

この他にも短大や大学院、専門学校などいろいろな学校に通っている学生がいます。

金欠で困ったときに頼れるカードローン。

そもそも学生はカードローンを使ってお金を借りることはできるのでしょうか?


20歳未満(未成年)の場合

20歳未満(未成年)の方は学生かどうかに関わらず、アルバイトなどで収入があってもカードローンを使ってお金を借りることはできません。

仕事をしながら学校に通う学生など、親元を離れて自立をしている学生でも、20歳未満の場合はカードローンを使ってお金を借りることはできません。


20歳以上の場合

20歳以上の方は学生でも、アルバイトなどをしてお給料をもらっていればカードローンを使ってお金を借りることができます。

通っている学校やアルバイトの種類に関係なく、20歳以上で安定かつ継続した収入がある学生ならばカードローンを使ってお金を借りることができます。

親からの仕送りは収入には入らないため注意しましょう。


学生ローンとカードローンの違い

学生ローンとカードローンの違い

学生ローンとは学生だけが申し込みできる学生専用のローンのことを言います。

学費専用の教育ローンとは異なり、学生ローンは自由な使いみちができることが特徴です。

学生ローンの申し込みには大学生、大学院生、短大生、専門学生、予備校生などに通う学生であることが条件で、学生ローン契約の際には学生証の提出が必要となります。

以前は18歳以上であれば学生ローンの申し込みを受け付けしている場合や、条件を満たすことで学生本人に収入がない場合にも、学生ローンの申し込みを受け付けしている場合がありました。

しかし最近では20歳未満の学生からの申し込みには対応していない学生ローン業者がほとんどとなっています。

さらに現在では総量規制により、収入のない学生に学生ローンの貸し付けを行うことはできなくなっています。

以前の学生ローンは学生ならば収入がなくても借り入れできる可能性や、未成年でも借り入れできる可能性のあるサービスでした。

しかし現在では法改正に伴い、収入のない学生への貸し付けは行うことができません。また親権者の同意がない中で、未成年の学生が契約することもできません。

特に借りやすさを売りにしている学生ローンには注意してください

一方カードローンとは金融機関や消費者金融、クレジットカード会社が扱うローン専用サービスのことをいいます。

学生ローンカードローン
借入方法・口座振込
・店舗
・ATM/CDからの引き出し
・口座振込
返済方法・口座振込
・店舗
・ATM/CDからの入金
・口座振替
・口座振込
返済方式・自由返済方式
※1ヵ月のうち好きな日に利息を返済する方式。契約期限までに元金の返済が必要。
・約定返済
※毎月決められた日に、利息と元金を合計した金額を返済する方式。
上記の表では学生ローンとカードローンで特に大きく違いを感じるポイントを比較しています。

カードローンは借入方法や返済方法が選べることが大きな特徴です。

最近ではスマホアプリなどで利用状況を確認することもでき、学生ローンよりも便利で使いやすいサービスとなっています。

またカードローンは金融機関、信販会社、そして消費者金融とさまざまな業者がサービスを取り扱いしており、学生でもサービス内容を比較しながら選ぶことができます。

20歳以上で収入のある方ならば学生でも申し込みができます。もちろん学生証を提出する必要はありません。


いくらくらい借りることができる?上限はあるの?

学生の限度額

カードローンは学生でも年収の3分の1までお金を借りることができます。

年収の3分の1というルールは法律によって定められており、これを総量規制といいます。

例えばアルバイトをしている学生ならば、年収が100万円あれば33万円までカードローンでお金を借りることができます。

もちろん年収が多くなればなるほど、学生でもカードローンを使ってお金を借りられる金額は大きくなります。

ただし1社につき50万円以上、すべての借入残高の合計が100万円を超える場合は収入を証明する書類が必要です。

総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社、クレジットカード会社など貸金業者のカードローンやキャッシングです。

銀行など金融機関のカードローンは総量規制の対象外となりますが、収入の少ない学生の場合は10万円~50万円の範囲内で貸し付けを行うことが一般的となっています。


親にバレてしまうという可能性は低い

親にバレる可能性は?

カードローンを使っていることは他人には知られたくありません。

それが親ならばもちろんのこと。

学生にとって親バレは絶対に回避したいものです。

基本的にカードローンの申し込みをしたことや、カードローンを使っていることが簡単に親や友人にバレてしまうことはありません。

親バレしてしまうきっかけを無くせば、学生でも誰にも知られずにカードローンを使ってお金を借りることができます。

学生がカードローンを使うときに親バレしてしまうきっかけとは?

どのようなことに注意すれば親バレしないのかを確認してみましょう!


郵送物を見られてしまう

最近では郵送物が送られる回数を極力減らしたカードローンが増えています。基本的に郵送物が頻繁に送られてくることはありません。

カードを郵送で受け取る場合は、必ず自分自身が対応できるように注意しましょう。郵送物を無くすには、郵送ではなくローン契約機でカードを受け取りましょう。

またカードローンの返済が遅れてしまうと、自宅あてに郵送物が送られてくる場合があります。学生が親バレしたくないならば返済の遅れは厳禁です。

延滞により連絡が親に来てしまう

カードローンは毎月決まった日や決まった期間内に返済することが必要です。返済が遅れてしまうと、カードローン業者から連絡が入ります。

最近のカードローンは数日の遅れならば、メールやスマホアプリなどで通知されることが多くなっています。

ただし本人に連絡がつかないと判断されてしまうと、自宅やアルバイト先などにカードローン業者から連絡が入ることがあります。

万が一延滞をしてしまった場合は、自分から連絡をするなどして親バレ対策しましょう。


在籍確認があっても職場にバレる心配は不要

在籍確認でも心配無用

学生がカードローンを使ってお金を借りるには、アルバイトなどをしていて自分自身に収入があることが必要です。

在籍確認とは、申し込みの際に伝えた職場に在籍しているのかを確認する手続きです。

在籍確認は電話で行われることが多く、このため在籍確認のせいでアルバイト先にカードローンの利用がバレてしまうのでは?と心配する学生が多くなっています。

在籍確認は個人名で電話がかかってくるため、電話だけでカードローンの申し込みがバレてしまうことはまずありません。

もちろん別の人が電話に出たとしても、カードローンに申し込みをしたことを他人に話すことはありません。

カードローン申し込み後に行われる在籍確認の電話は、ほとんどの場合5分以内で終わります。

電話では本人確認のみで終わることがほとんどなので安心してください。

学生の場合、毎日職場にいるわけではありません。

アルバイトをしている曜日や時間帯などをあらかじめ連絡するなどして、自分自身が電話に対応できるように工夫してみましょう。


審査に落ちないために押さえておきたいポイント

審査に落ちないためのポイント

ここでは学生がカードローンの審査に通るために抑えておきたいポインを解説しています。

学生でもアルバイトをしていればカードローンには問題なく申し込みできます。

しかしながらカードローンに申し込みをする学生の中には、学生だと不利になると思い込み、審査に不利になってしまう行動をとってしまう場合があります。

学生だからと言って、社会人と申し込み方法や手続き内容が変わることはありません。


携帯代金、クレジットカードの支払いで延滞しない

支払いを延滞しない

学生によくあるのがスマホや携帯電話の代金の延滞です。自分の名義で契約しているスマホなどを分割払いしている場合、返済に延滞があると審査に通りません。

この他にもクレジットカードの支払いが遅れていると審査には通りません。

またインターネットで洋服などを購入し、コンビニ払いなどの後払いを利用したことはありませんか?

通販の代金を延滞していることが原因で、カードローンの審査に落ちてしまう学生はとても多いので注意しましょう。


同時に複数社に申込みをしない

同時に複数社に申し込まない

複数のカードローンに同時に申し込みをする多重申込は、学生や社会人に関わらずカードローンの審査に落ちてしまう原因になります。

学生でもカードローンの審査に通る可能性は十分にあります。焦って同時に申し込みをしないようにしましょう。


申込時に嘘を書かない

申し込み時に嘘は書かない

学生だとカードローンの審査に通りにくそうだと、アルバイトの収入を多く申告したり、すでに就職しているかのように嘘をつくことは厳禁です。嘘を書くとカードローンの審査に通りません。




ある程度の期間アルバイトしてから申込む

一定期間アルバイトをしてから申し込み

アルバイトをしていれば学生でもカードローンに申し込みができますが、アルバイトをしている期間が短いとカードローンの審査に通りにくくなります。

最低でも2ヵ月以上同じアルバイトを続けてから申し込みをするのがベスト。

学生に人気が高い単発バイトや短期バイトは、安定かつ継続した収入があると判断されない可能性が高いため注意しましょう。


希望の限度額は少なめに設定する

限度額は少なめにする

学生でも年収の3分の1まではカードローンを使ってお金を借りることができます。

とは言うものの、学生がカードローンの審査に通りやすくするには最小限の限度額で申し込みをすることが大切です。


学生が申し込むならこのカードローンがおすすめ!

学生におすすめのカードローン

ここでは学生におすすめのカードローンをいくつか紹介しています。

学生がカードローンを選ぶ場合は手続きが早いこと、手続きが分かりやすいこと、そして親バレしにくいことがポイントです。

基本的にはどのカードローンも学生だからと言って、特別な手続きが追加されるわけではありません。

学生の場合は、学校やアルバイトで自宅にいない時間が多いので、外出先でも手続きの進み具合が確認できるスマホアプリのあるカードローンが特に人気になっています!


みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

上限金利14.00%
申込方法インターネット、モバイル、郵送、電話、窓口
最短融資口座があれば即日
みずほ銀行カードローンは金利の低さが人気の銀行系カードローンです。

みずほ銀行の預金口座があれば「WEB完結申込」が利用できるので、親バレしたくない学生におすすめです。


新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローン

上限金利18.00%
申込方法インターネット、モバイル、郵送、電話、自動契約機
最短融資即日
新生銀行カードローン「レイク」は学生でも比較的審査に通りやすいといわれる人気の銀行系カードローンです。

融資までのスピードがとてもはやく、スマホからすべての手続きを完了させることができます。とにかくすぐにお金を借りたい学生におすすめです。


プロミス

プロミス

上限金利17.80%
申込方法インターネット、モバイル、郵送、電話、無人契約機
最短融資即日
プロミスは学生からの認知度も高い大手の消費者金融系カードローンです。

上限金利は17.80%、30日間の無利息期間があるため少しでも金利を節約したい学生におすすめです。


モビット

モビット

上限金利18.00%
申込方法インターネット、モバイル、郵送、電話、ローン申込機
最短融資即日
モビットは速さが特徴のカードローンです。

インターネットやスマホからは少ない入力事項で申し込みできるため、少しでも早くカードローンが使えるのか知りたいという学生におすすめです。



ページトップへ