236 枚を審査基準や金利で徹底比較 ~


目次

カードローンって何?

0-55

カードローンは借り入れのみをサービスとしている商品のことで、設定された限度額内であれば自由に借りることができます。

たとえば、契約で限度額が100万円となった場合、借り入れできる上限は100万円であり、それ以上は借り入れすることができません。

限度額内であれば、30万円+30万円+30万円+10万円といったように回数を気にすることなく利用可能

おもにカードローンは小口融資がメインとなっているため、数百万円までの融資を希望する方におすすめのサービスです。

0-56

また、借り入れ方法は多岐にわたり、直接窓口からの融資をはじめ、専用ATMからの引き出し、キャッシュディスペンサーでの引き出しが可能。

最近ではネット完結できる業者も多く、申し込みから融資までをネットのみで済ませることもできます。 返済方法はリボルビング払いが一般的で、毎月固定額を返済していく仕組み。

ただし、業者によっては一括払いなどに対応しているところもあるので、利用者の都合に合わせた返済が可能となっています。

このようにカードローンは、小口融資をメインとした利便性の高い融資 。困ったときにすぐに借り入れができるため、スピーディーな融資を受けることができます。

 

カードローンとキャッシングの違い

0-21

カードローンと混同されやすいサービスとして「キャッシング」があります。 どちらも借り入れを目的としたサービスに間違いはありませんが、両者には決定的な違いがあります

そもそもキャッシングはクレジットカードに付帯する機能のひとつ。

つまり、クレジットカードありきの機能のため、キャッシングを利用するためにはクレジットカードを作成する必要があります。 一方でカードローンは申し込みからカード発行までがスピーディーなため、融資までに時間がかかりません

両者にはそれぞれ利用限度額が設けられており、その範囲内であれば自由に利用することが可能です。

しかし、クレジットカードはショッピング機能(枠)も併用することになるので、状況によってはキャッシング枠が削られてしまうことも

0-52

キャッシングの利用方法は提携ATMからの引き出し、公式ホームページ(専用ページ)からの申し込みがメインとなっており、返済方法は一括払いが一般的

ただし、最近ではリボルビング払いを採用しているクレジットカードが多いため、カードローンと同等の使い方が可能といえるでしょう。

以上から両者の明確な違いは、クレジットカードが関与しているかどうかということになります。

融資だけを受けたい場合や、余分な機能を必要としない場合はカードローンの利用をおすすめします。

 

銀行系と消費者金融系の違い

カードローンにはさまざまなタイプがあり、低金利かつ限度額が高めの銀行系や、融資スピードや利便性に優れた消費者金融系などが見られます。

おもに銀行系と消費者金融系がもっとも比較される2タイプなので、両者の特徴を把握することが大切。
それでは銀行系、消費者金融系の違いを見ていきましょう

 

銀行系の特徴

  1. 総量規制の対象外(年収の1/3以上の借り入れが可能になる)
  2. 低金利かつ限度額が高め(条件次第では大口融資も可)
  3. 審査が厳しい(一定以上のステータスがないと契約が困難)
  4. 融資までに時間がかかる(最低でも数週間かかる)

消費者金融系の特徴

  1. 総量規制の対象(年収の1/3以上の借り入れができない)
  2. 金利は高めで限度額は低めの設定(おもに小口融資)
  3. 審査は甘め(安定した収入があればパート・アルバイトでも申し込み可)
  4. 融資スピードが早い(即日融資に対応している業者が多い)

このように両者の違いを比較すると、決定的な違いがあります。
銀行系は厳しい審査になるものの、総量規制の対象外に加え、低金利かつ高めの限度額になるため、理想の融資を受けることが可能。
一方で消費者金融は限られた融資になりますが、審査が甘く融資スピードが早いので利便性に長けたタイプといえるでしょう。
同じカードローンとはいえ、タイプによってメリット・デメリットが異なるため、自身の利用目的と希望条件が合致したものを選ぶことが大切。
まずは銀行系もしくは消費者金融系のどちらが最適なのか比較しましょう。

銀行系カードローンをおすすめしたい人

0-82

銀行系カードローンは総量規制の対象にならず、低金利かつ高めの限度額での借り入れが可能。 さらに信頼と実績を持った銀行が提供する融資なので、安全に利用することができます。

ただし、審査条件が厳しいため、一定以上のステータスを持った正社員が対象に。 つまり、パートやアルバイト、学生といった立場の方はまず利用できません。

一定以上のステータスをもつ正社員でも状況によって落とされることもあるので、職業・年収・勤続年数・信用情報がそれぞれ一定以上の方が融資対象と判断して良いでしょう

そこで銀行系カードローンをおすすめできる人としては以下の通りです。

  1. ステータスに自信がある方
  2. 低金利かつ高い限度額の融資を受けたい方
  3. 総量規制を受けたくない方

 

0-61

ただし、銀行系は最低でも年収は300万円以上、勤続年数は1年以上でないと借り入れが困難になるでしょう。

過去に金融事故(遅延)などがある場合も審査をする上でマイナスとなるので、総合的な信頼があることが審査通過の条件となります。

また、年齢も重要なポイントとなり、働き盛りとされる20~30代は有利になりますが、50代以降になると再就職が困難になるという点、やがて定年を迎えるという点から厳しい審査に。

よって、銀行系は30代で一定上のステータスを持ち、信用できる方に最適なカードローンといえるでしょう。

 

消費者金融系カードローンをおすすめしたい人

0-81

消費者金融系カードローンは総量規制の対象になるため、年収の1/3以上の借り入れができません。 さらに金利は業界水準~高めといった設定になり、利用限度額は低め

利息を考えれば銀行系の方がお得になりますが、審査が甘く融資スピードが早いといった利便性があります。 満足いく融資が受けられるかは状況次第になりますが、数あるカードローンの中でももっとも借りやすく利用しやすいのは消費者金融系といっても過言ではありません。

パート・アルバイトの方でも申し込みができるので、早急にお金が必要な場合に適したカードローンといえるでしょう。

そこで消費者金融系カードローンをおすすめできる人は以下の通りです。

  1. ステータスを気にすることなく融資を受けたい方
  2. とにかく早急に借り入れをしたい方
  3. 申し込みから融資までに時間をかけたくない

 

0-70

消費者金融系のストロングポイントは利便性

本来であれば入念かつ慎重な審査が必要になりますが、それが簡略化され指定条件満たしていれば、誰でも利用できるサービスとなっています。

そのため、安定した収入を得ており、多重債務や金融事故などを起こしていない限りはほぼ審査は通過できるでしょう。

0-22 誰でも最初は融資条件のいい銀行系での借り入れを希望しますが、厳しい審査を通過することができず、消費者金融系を利用するケースも

よって、銀行系がダメになった場合の2番手として検討するのもいいでしょう。 借りやすさとスピード重視でカードローンを選ぶなら、文句なしで消費者金融系といったところです。

ページトップへ