236 枚を審査基準や金利で徹底比較 ~

プロミス「フリーキャッシング」のスペック表

申込について

金融機関名 プロミス
申込方法 インターネット(パソコン、スマートフォン)、電話、無人契約機
申込から借入までの流れ この画面よりお申し込み → 必要事項のご入力 → 審査結果のご連絡 → 必要書類のお手続き → カード発行
来店 不要
申込から借入(融資)までの最短時間 即日
ネットで完結 可能

借入について

実質年率 4.5%~17.8%
限度額別の年率 無し
金利体系 単一金利
金利優遇とその条件 無し
借入限度額 500万円
契約期間 最長6年9ヶ月
借入方法 ATM(自社)ATM(提携機関)口座振込店舗窓口
借入可能コンビニ
無利息期間 30日
無利息期間の条件 プロミスと初めての契約で、Eメールアドレス登録の上、あわせて書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択できる方

返済について

返済金額 最終お借入後のお借入残高に応じて、返済額が変動する方式。設定された金額以上であれば、都合にあわせていくらでも返済できる。
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
利息の計算方法 毎日の最終借入残高について付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算。
返済方法 口座振込(自社)口座振込(提携期間)店舗窓口口座引落ネットでの返済依頼
返済可能コンビニ
返済日 毎月一定日
繰越返済 金額指定返済 ・会員ページより返済 ・プロミス指定の銀行口座への振込返済

審査について

契約時年齢 満20歳~満69歳まで
申込資格 満20歳~69歳迄で、ご本人に安定した収入がある方。パート・アルバイトの方もOK。詳しくはアイフルWEBサイトをご確認ください。
資金使途 原則自由
必要書類 運転免許証(または各種保険証、パスポートなど)。ただし、50万円を超える契約を行う場合は収入証明書の提出が必要。
審査時間 最短1秒
担保 不要
保証料 不要

その他

手数料、年会費 必要
遅延損害金 年率20%
なんと30日間の 無利息期間あり!

 

なんと30日間の無利息期間あり!

まずはプロミス「フリーキャッシング」のメリットを4点見ていきたいと思います。



1: 消費者金融系では上限金利が最低値

プロミスを含め消費者金融系を比較すると上限金利平均は18.0%。
消費者金融系カードローンの金利はほぼ一定と言えますが、プロミスのみ上限金利が17.8%。
ほとんどの方が下限金利ばかりに注目しますが、実際は上限金利で融資される確率が高くなります。

そう考えると、プロミスは消費者金融系カードローンの中で業界最低水準という表現もできます。
よってプロミスは、消費者金融系カードローンで比較している方にとっては、金利面でメリットを感じるカードと言えるでしょう。

消費者金融系平均金利とプロミスの金利

2: 30日間無利息で利用できる

消費者金融系カードローンの比較で重要になるのは「無利息期間」があるかどうか。
早期返済を計画している方にとって、無利息期間サービスは重要なポイントといえます。
プロミスは新規申込みに加え、メールアドレスとWEB明細利用の登録をすることで、30日間の無利息サービスを受けることが可能。

申込みの際のメアド登録とWEB明細の申込で30日間無利息

無利息期間を設けているカードローンといえば他社の「ノーローン」もありますが、両者を比較してみると無利息期間に大きな違いがあります。
ノーローンは1週間、プロミスは30日間なので無利息期間で評価した場合、メリットがあるのはプロミス。

およそ1ヶ月での早期返済を考えているなら、プロミスの無利息期間サービスを利用することでお得な借り入れができます。
利息を重視してカードローンを選ぶ方にとって30日間無利息サービスは大きなメリットとなるでしょう。



3: 登録することでポイントが貯まる

プロミスの注目すべきメリットは「ポイントサービス」です。
消費者金融系カードローンを比較すると、その多くがポイントサービスを導入していません。
しかし、プロミスは「ポイントサービス」に登録することで、利用に応じてポイントが貯まっていきます。

ポイントの付加は登録時に無条件で100ポイント、会員サービスログインで10ポイント、会員サービス内の「お知らせ」の確認で5~20ポイント、収入証明書の提出で160ポイントという仕組み。
なお、貯まったポイントはATM手数料無料や、無利息期間の適用に使用することができます。
一切のデメリットなしで登録できるだけでなく、会員サービス内をこまめにチェックするだけでポイントが貯まっていくので、ポイントサービスもまたプロミスのメリットの一つと言えるでしょう。

会員サービス利用で貯まるポイント ATM手数料無料や無利息期間に適用可能

4: 5種類の中からお好みのローンを選択できる

プロミスは計5種類のローンが用意されています。
ごく一般的なローンの「フリーキャッシング」をはじめ、女性専用の「レディースキャッシング」、 複数社からの借入を一本化できる「おまとめローン」、個人事業主に最適な「自営者カードローン」、 そしてカーローンなど目的に合わせた利用ができる「目的ローン」というラインナップ。

このようにプロミスは、利用者の立場や状況に合わせた使い方ができるので、その他消費者金融系カードローンと比較すると利便性に長けています。

銀行系カードローンと比較した場合、プロミスは圧倒的なスピードと利便性を誇ります。
さらに無利息期間サービスとポイントサービスの利用ができることは大きなメリットと言えるでしょう。
少しでもお得にカードローンを利用したい方は、プロミスを第一候補にすることをおすすめします。

立場や状況に合わせた サービスラインナップ

 

プロミスの審査と返済に関する特徴

プロミスの審査に関する特徴は、大きく分けると3点あります。
誰もが審査通過を目的としているわけですが、プロミスが審査で第一に重視する点は「他社からの借入件数」。 自社以外にどれだけの融資を受けているのかに注目するようです。

続いて、総量規制の範囲内かどうかも重要視され、こちらの場合も他社からの借入があった場合はその総額を基に、申込者の年収の1/3に収まっているのか確認されます。
ここで注目して欲しいのは、プロミスだけの借入額のみが判断されるのではないということ。
他社の借入額も合算してチェックされるので、総量規制の範囲を超えた場合は、審査を通過することが難しくなります。

そして申請に虚偽がないことも重要なポイント。
審査では本人確認書類の他に、収入証明書の提出が必要になります。
ここで虚偽の申請が見つかった場合、審査落ちはほぼ間違いありません。
それが凡ミスだったとしても虚偽に変わりないので、審査通過が難しくなります。

以上の3点を厳守すれば、プロミスの審査通過は見えてくるでしょう。
なお、プロミスのWEBサイトには「お借入診断」という審査通過が見込めるかチェックできるツールが用意されているので、申込み前に使用することをおすすめします。

続いてプロミスの返済に関してですが、沢山の返済方法が用意されているので利用上のメリットは高いです。
返済方法はインターネットからの返済、振込、店頭窓口での返済、各種ATMでの返済、口座振替から選択可能。
お近くのコンビニから気軽に返済できるので、返済に悩むことはまずありません。

プロミスの返済期日は初回の借入日と、選択した返済期日によって変わります。
この点は利用者によって期日が異なるので、詳しくはプロミスのWEBサイトを確認してください。
なお、一括返済や繰り上げ返済を無料で行うことができるので、計画的な返済プランを立てることは十分に可能です。

 

フリーキャッシングの口コミ

プロミスの口コミは評価の高い口コミばかりでなく、評価の低い口コミも見られました。
これらの口コミをまとめたので、他社とカードローン比較をしている方はぜひ以下の口コミを参考にしてみてください。

それではプロミスの口コミを紹介します。

高評価の口コミでは、「もともと早期返済を目指していたので、プロミスはかなり役立ちました。
やっぱり30日間の無利息サービスはかなり大きいと思います。」「ポイントサービスを有効活用すれば、無利息期間をコントロールできる。だから他の業者には興味ない。これ裏技ね。」 といった声が聞かれました。

プロミスの評価が高い口コミでもっとも多く聞かれた意見は、30日間の無利息サービスの魅力。
短期返済を希望する方にはこの無利息サービスがメリットとなっているようで、使いやすいカードローンとして話題になっていました。
さらにポイントサービスに対しても高評価で、まるでクレジットカードのようだという声も。

評価が低い口コミでは、「消費者金融系でベストだと思って使ったけど、大して変わらなかった。何だか拍子抜け」 「思ったほどポイントは貯まらない。コツコツ利用するつもりだったのに想像していたものと違った」と言った声が聞かれました。

どうやらプロミスを過大評価して契約し、現実とのギャップに苦しんだ方もいるようです。
無利息サービス、そしてポイントサービスは確かにプロミスの売りですが、これらが絶大な効果を持つわけではないので、現実的な使い方を前提に契約しないと満足できないかもしれません。

プロミスの口コミをまとめると、良い口コミが目立つ形になりました。
30日間の無利息期間をはじめ、ポイントサービスは注目すべきメリット。
これらのサービスを有効活用できれば、お得に利用できるおすすめのカードローンです。

ページトップへ