236 枚を審査基準や金利で徹底比較 ~

カードローンの借り換え情報まとめ

もしかしてカードローンで損をしていませんか? 便利なはずのカードローンのサービス。実はシステムをよく理解していないと思わぬデメリットがあるんです!

確認しておきたいポイントは次の3つ。

①複数の借入残高の合計が100万円を超えている
②返済日が統一されていない
③現在契約しているカードローンの利率が、平均で15%以上


これらに該当する方にぜひとも検討していただきたいのが借り換え。このページでは知らないと損をするカードローンの借り換えについて詳しく解説しています!たくさんの支払いに追われていると感じたら、今すぐおまとめ・一本化を進めましょう!


目次


複数のローンでお悩みなら一本化ですっきりしませんか?

「複数のカードローンを抱えていて、返済日がバラバラなので、時々、一部の返済日をうっかり忘れそうになるし、何より、複数社の返済額を合わせると毎月の返済額がとんでもない金額になってつらい」という人におすすめなのが「 借り換え 」という手段です。


カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えとはどういうものなのかというと、「今ある複数の少額カードローンを、大きな額のカードローンを借りることで全額返済し、それ以降は、その大きな額のカードローンの返済だけに専念する」という、いわゆる 一本化 のことです。

借り換えのメリットは、「一本化することで、バラバラだった返済日もスッキリひとつになって管理しやすい」というだけではありません。

借り換えの一番のメリットは、金利面の優位性です。一般的に、 カードローン というのは、「利用限度額が少ないほど金利が高い」という傾向があるため、一本化して大きな限度額に借り換えたほうが、金利自体もグッと安くなるんですよ。

たとえば、人気カードローンのひとつである三菱東京UFJ銀行の バンクイック は、利用限度額が 10万円以上50万円以下なら金利は 14.6% ですが、 400万円超500万円未満なら金利は 5.6% にまで下がり、さらに 利用限度額500万円なら、 4.6%となります。

三菱東京UFJ銀行の金利

この一例だけを見ても、最高金利と最低金利では10%もの差があることが分かりますよね。

「一つのカードローンの限度額だけを大きくして借り、その資金でその他のカードローンは全額返済して、すべて無くす」ということが予想以上の金利メリットをもたらすからこそ、借り換えという手段はおすすめなのです。


債務を一本化をすべき人

カードローン の借り換えとは、どのような時に検討すればいいのでしょうか。
まずは、あなたが「借り換えを検討すべき状況かどうか」を簡単にチェックしてみましょう。

1.複数のカードローンを利用しており、そのいずれも限度額が100万円未満である。2.借りている複数のカードローンの返済日がバラバラで、管理に困っている。3.現在の借り入れ金利は、平均すると15%を超えている。

これらの中でひとつでも当てはまるものがあれば、「借り換えを検討すべき状況」と言えるでしょう。 まず、1に該当する人は、「どのカードローンも金利が高く、限度額の少なさの割には 毎月の返済額が大きい 」という状況になりがちです。

次に、2についてですが、これは「返済日がバラバラだと、どこかで 返済忘れが出てしまう リスクが高い」というのが挙げられます。

そして、3については、「総額100万円以上に一本化すれば、 金利が下げられる 」というメリットが得られるという理由で、借り換えがおすすめなのです。金利の上限は利息制限法で定められていますが、利用限度額10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満なら18%の金利にすることが可能なのです。

そして、消費者金融等、この上限金利に近いラインを設定したがる業者も少なくありません。
これに対して、100万円以 上の総額で借り換えをすれば、法的にも絶対に 15%を超える金利はつけられなくなる 、というわけです。

100万円以上の総額で借り換えなら15%を超える金利はつかない


おまとめのメリット

カードローンを借り換えるための、 おまとめ 借り換えローン を利用する最大のメリットは、「毎月の返済額負担が減る」ということです。
毎月の返済額負担が減る理由は、おもに2つあります。

まずひとつは、金利面でのメリットがあること。限度額が100万円未満の少額カードローンの場合、金利が18%か、それに近い水準であるなど、どうしても高金利になりがちなのですが、借り換えローンはそれよりもぐっと金利が低くなります。

100万円以上 のおまとめになれば、利息制限法の上限金利が 15% まで下がる」という法的な理由によるメリットもありますが、それ以上に、「借り換えローンはそんな法的規制よりもさらに低金利に設定しているところが多い」というメリットがあるんですよ。

おまとめローンは法的金利よりも金利が低く、そこからさらに低金利にも

借り換えによって、毎月の返済額負担が減るもうひとつの理由は、「返済期間を長く設定できる」ということです。

少額のカードローンの場合、返済期間は最長5年程度であるものも少なくありませんが、借り換えローンの場合、最長6年・8年など、長めの返済期間を設定してくれているところも少なくありません。

「低金利な上に、ゆっくりとしたペースで返せる」ということで、返済額負担軽減のメリットが得られるというわけです。あと、一本化することで「ごちゃごちゃと複数あった返済日の管理も楽になる」というメリットも生まれますよ。


借り換えローンのデメリット

借り換えローン は、 低金利かつ、 返済期間を長くとることが可能、ということで、返済負担の軽減メリットが非常に大きい存在と言えますが、デメリットはないのかというと・・・「人によっては、デメリットと感じる部分もある」というのが答えです。

どういう部分が人によって デメリット になるのかというと、「おまとめ専用ローンを利用して借り換えした場合、そのおまとめ専用ローンはあくまで返済するだけのローンとなる」というのが挙げられます。

たとえば、大きな限度額のカードローンを借りて、それを借り換えに利用した場合は、そのカードローンは「借り換えた分の返済がある程度進んで、残高が減ってきたら、また限度額いっぱいまで借りる」という使い方ができますよね。

しかし、おまとめ専用ローンを利用した場合は、この手が使えないというデメリットが出てくるのです。おまとめ専用ローンは、車のローンなどと同じく「借りるのは一回こっきりのローン」というスタンスなんですよ。

また、「総量規制の枠を超えた範囲で、消費者金融でカードローンの借り換えをする」という場合も、その総量規制の枠を下回らない限りは、追加の借り入れは規制対象となるため、実現不可能となります。

というわけで「返済専用となってしまう点がデメリット」と言えるのですが、このデメリットは見方を変えれば「安易に追加で借りられないからこそ、返済に専念できる、借りグセが消える」というメリットがある、とも言えます。

「どうしても、 返済専用 になるというデメリットは受け入れられない」という人であれば、銀行のカードローンを利用して借り換えをするといいでしょう。

しかし、返済専用ということをデメリットだと感じないのであれば「カードローンを利用しての借り換え」だけでなく「おまとめ専用ローンも視野に入れる」というほうが、選択肢がより広くなるのでおすすめです。

おまとめローンは 返済だけに追われるローン


借り換えカードローンの審査について

複数の借入残高をひとつにまとめたい時に徹底したいのが、審査落ちしない工夫。借り換えできないと毎月の支払いはとても厳しくなってしまうわけですから、少しでも審査に通過できるように準備しておくことがとても大切です。

とにかく注意したいのは不安定だと思われる要素が無い、そして借換カードローンを利用することで顧客にメリットがあると判断されること。申し込む時に申告したすべての情報がくまなくチェックされると考えましょう。

ここでは借り換え審査を通過するために絶対に知っておきたい注意点を詳しく解説。カードローンの借り換えに成功すれば返済に悩まされることはもうありません!


一本化の申し込みでチェックされる項目

カードローン の おまとめ・ 借り換えにおいて審査される項目というのは、非常に数多くあります。
ごくごくシンプルに言えば、「申し込み時に記入する内容すべてが審査対象となる」おいて特に重要性が高いと考えられる項目は、以下のとおりです。

個人信用情報(借入件数や借入れ額・返済額、ブラック情報がないかどうかなど)。年収。返済比率(年収に対する年間返済額の割合)。勤続年数。居住年数

「個人信用情報に ブラック情報 がなく、年収も低くない」という条件さえ満たせば審査に通ると思っている人も多いですが、勤続年数や居住年数が短いと、その点で安定性がないと見られ、否決になってしまうこともあるのです。

ちなみに、ひと昔前までは、上記の項目に加えて「自宅に固定電話があるかどうか」というのも、かなり重要視されている傾向がありました。「固定電話設置=連絡先および居住先の安定の参考になる、定住性が見込める」と見なされていたのです。

しかし近年では、そこに定住する人であっても、「電話連絡はすべて携帯やスマホでやれるので、固定電話を置く必要性がない」という理由で固定電話を持たない人も増えているため、この項目の重要度は下がっていると言われています。

もちろん、それでも、「 固定電話 がないよりはあったほうがいい」という程度の参考にされることは今もあるでしょう。

ですが昔ほど「審査結果を大きく左右する項目のひとつ」としては見られなくなってきているのも事実ですので、「固定電話がない」というだけで、過剰に心配する必要はない時代になったと言えます。


通常の申し込み基準と違う点は何?

通常のカードローンと借換え・おまとめローンの違い

「個人信用情報で延滞などの ブラック情報 がないか」などを重視するのはどちらも同じですが、両者の審査基準において、返済比率についての見方は、若干の違いがあると考えられます。

まず、通常のカードローンの場合、「今あるカードローンの返済額に、これから借りる新たなカードローンの返済額がプラスされる」ということで、返済比率についての見方は「 今の返済額+ 新たな返済額の 合計 」を最重視するのが一般的です。

これに対して、おまとめ・借り換えカードローンの場合、基本は「今あるカードローンを一本化する」という形になるため、その審査においては「今あるカードローンの返済額よりも、借り換え後の返済額を重視する」ということが考えられるのです。


おまとめローンの審査に通るには

カードローンのおまとめ・借り換えの審査を突破するための最重要条件として挙げられるのは、やはり何といっても「今借りているカードローンを、けっして 延滞しない 」ということです。

「半年~1年以上前に、ごくごく軽微な延滞があった」というだけでも審査に影響しますし、万が一、借り換えローンを申し込む直前のタイミングで延滞があると、審査に通るのは きわめて難しく なります。

「延滞をするなと言われても無理、今の返済が苦しいから借り換えを考えているんだ」という意見はもっともですが、借り換えローンの審査をする側は「返済に対する意識・姿勢」を重視しているので、延滞には厳しい目を向けるのです。

また、「とにかくおまとめしたいからと言って、あちこちのおまとめ・借り換えカードローンに申し込みをする」というのも絶対にやめましょう。

「申し込みをして審査にかけてもらう」というだけでも、個人信用情報にはその 照会記録 が残ります。そして、短期間で何件も照会をかけられていると、「手当たり次第に申し込んでいる人」と判断され、いわゆる「 申し込みブラック 」として否決になるのです。

借り換えを考えるなら、その候補は一本にしぼっておく、これも審査を突破するための重要なポイントであるというわけですね。

審査をクリアするためにも今利用中のカードローンの延滞は厳禁です


債務を一本化するなら低金利カードを狙おう

「毎月の支払いの負担が大きくなってきた」
「返済日がバラバラで何日に払うのか分かりにくい!」
「一度返済計画を見直してみたい…」


複数の業者からお金を借りていると徐々に返すこと自体が大変になってしまいます。このような悩みを解決してくれるのが借り換え。低金利なカードローンを賢く使うことで、今よりもゆとりを持って返すことができるようになるでしょう。

ここでは 低金利カードローンを活用した借り換えの鉄則 をご案内。どうしたら最大限に借り換えのメリットを活かせるのか?そのポイントを学んでみましょう!


低金利カードが一本化に向いている理由

カードローンの借り換えをするなら、絶対に「 低金利 のものを選ぶ」というのがおすすめですよ。これは借り換えの鉄則とも言えます。

なぜなら、借り換えの最大目的は「 返済負担を減らす こと」だからです。そして返済負担を減らすための最大条件となるのは、やはり「 低金利であること」ですからね。

実際に、ちょっと比較してみましょう。たとえば、ここに150万円の借金があったとしましょう。
これを金利15%で6年返済する場合、月々の返済額は31,717円となります。しかし、金利10%なら、同じ6年返済でも、月々の返済額は27,788円となるのです。

同じ 150万円・ 6年返済の借金で、 毎月4,000円近くの返済額の差 が出るというのはかなり大きいですよね。

借りる金額がもっと多かったり、借り換えによる 金利差 がもっとあれば、当然、この返済額の違いも、より大きくなります。

もっとシンプルに言えば「借り換えをする際に、低金利のものを選べば、得することはあっても損をすることはまずない」ということですね。

返済負担を 減らす=低金利


借り換え先カードの限度額に注意

借り換えカードローンを選ぶなら、低金利のものを選ぶのはもちろん最大のおすすめですが、それ以外にもうひとつのおすすめポイントとして「 限度額が大きいもの を選ぶ」というのがあります。

なぜ、限度額が大きいほうがいいのかというと・・・借り換えというのは「複数の少額高金利カードローンを 一本化 する」というのが基本スタイルだからです。

ところが、ここで限度額の少ないものを選んでしまうと、「今あるすべてのカードローンを一本化するには、 限度額が足りない 」ということになりかねないんですよ。

「限度額が足りなくて一部しか借り換え・一本化できず、借り換えカードローンと、一本化しきれなかったいくつかのカードローンが残ってしまった」という状態になると結局は 多重債務 となってしまいますよね。

そうなると、いずれ返済がまた苦しくなる可能性も高くなってしまう、と言わざるを得ないのです。

ですから、借り換えカードローンは、「一本化できるだけの余裕を十分に持っている限度額がある」というものを選ぶことをおすすめします。

限度額が高いと利用中のカードローンの一本化がしやすい


おすすめは総量規制のない銀行系カードローン

借り換えローンの「借り先」としておもに挙げられるのは、 消費者金融 銀行 です。

「気軽に借りやすい」というイメージがあるのは消費者金融ですが、今ではそんな消費者金融よりも、銀行での借り換えを選ぶ人が増えていますね。

なぜ、カードローンの借り換えに消費者金融よりも銀行が選ばれるのかというと・・・

その大きな理由のひとつとして「銀行のおまとめローンやカードローンは、 総量規制 の対象外だから」というのが挙げられます。

総量規制というのは、簡単に言えば「カードローンなど、 無担保のローン総額は年収の3分の1までしか認めませんよ」というものです。借りすぎの問題に対処するために、この規制が作られました。

しかし、この総量規制が適用されるのは、消費者金融系や信販系などであり、銀行系は総量規制の対象にはならないのです。

つまり銀行系であれば「借り換えローンが年収の3分の1を超えていても、問題はない」ということです。

もっとも、消費者金融系等のローンであっても「おまとめ・借り換え専用ローン」の場合は例外的に総量規制の対象外となりますが、こうしたローンを取り扱っていないところも少なくありません。

これに対して銀行系の場合は「すべてのローンが 総量規制対象外 」となる分、強みが大きいと言えるでしょう。

銀行系カードローンは総量規制の対象外


カードローン借り換えまでの王道パターン

借り換え とは現在契約しているローンよりも、より低い金利でローンを組みなおすこと。低い金利で借りたお金を使い、高い金利のローンを一度完済することで利息の支払いを節約することができます。

毎月の支払いにかかる負担を抑えたい、また今いくら返済しているのか把握しやすくしたいという方におすすめです。

「そういえば昔に契約したカードローンをずっと払っているなぁ…」「今のカードローン金利ってこんなに低いの?」「複数社への返済が苦しくなってきた…」

このような考えを持ったことがあるあなた。今がチャンスです。借り換えを利用することでカードローンの利息を 節約 し、もっと便利に活用することができるでしょう。

ここでは借り換えに興味を持っている方に知っていただきたい「 借り換えの王道パターン 」をご紹介。

ゆとりある暮らしを支えてくれるカードローンですが、一方で過去のカードローン契約によりゆとりを失ってしまっている方は大勢います。

借り換えの王道パターンさえ理解できれば、もうカードローンの返済に頭を悩まされることはありません。今まで金利を意識せずにキャッシングを利用していた方にも借り換えはとてもおすすめ。
カードローンの利便性を高めてくれる王道の借り換えパターンを一緒に確かめてみましょう!


1枚目のローンカードにはこちらがおすすめ

初めてのカードローン選びにおいて参考にしていただきたい比較ポイントをご紹介。各おすすめポイントをしっかり把握することで、自分に合う初めての1枚を見つけることができるでしょう。

■おすすめポイントその1 「手続きが早い!」
急な出費に対応できるカードローン。初めての方はできるだけ急いで契約したいという方も多いです。手続きが早いのはローン契約機に対応したカードローン、もしくはWEB契約できるカードローン。

ローン契約機 は 最短1時間ほど、 WEB契約 は 最短即日で借入可能と急ぎで資金を用意したい時に選ばれています。


■おすすめポイントその2 「審査がゆるい!」
これまでに一度もキャッシングやカードローンを利用したことがない方は、信用実績のある方と比較すると審査がきびしくなりがち。初めての1枚を確実に契約するためには、少しでも審査に通りやすいカードローンを選びましょう。

審査基準が低いのはやはり 消費者金融 。この他にも ネット銀行 などが審査に通りやすいと評価されているので参考にしてください。


■おすすめポイントその3 「専業主婦必見!銀行系カードローン」
都市銀行や 地方銀行、 信用金庫、 労働金庫などが扱うカードローンは 総量規制 の対象外。銀行系ならば 専業主婦(主夫 )の方でもカードローンに申し込みすることができます。特に配偶者の給料が振込されているなど、すでに金融機関と取引のある方におすすめです。


■カードローン初心者におすすめしたいポイントまとめ
手続きの早さ、 審査の柔軟性、そして 自分にメリットのあるサービスの有無。これがカードローン初心者が比較しておきたいおすすめポイントです。

ポイントのまとめは「手続きの早さ」「審査の柔軟性」「自分にメリットのあるサービスの有無」

総合的に判断すると手続きの早い「 アコム 」、「 プロミス 」、「 アイフル 」などの大手消費者金融や、専業主婦もOKの銀行系カードローン「 三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 」などがおすすめとなっています!


借り換えが必要になったらこちらのカードにおまとめを

複数の借入をまとめて借り換えする一本化。クレジットカードのキャッシングや消費者金融のカードローンを複数使い分けていませんか?

「返済に追われるようになってきた…」と感じた 一本化 のチャンス。特に毎月利息だけを支払っている状態の方にとって、借り換えによる一本化は大きなメリットを得ることができるでしょう。

■おすすめポイントその1 「金利が低い!」
借り換え時の鉄則は金利の低いサービスで借り換えすること。一本化を利用する場合についても、なるべく金利が低い商品を吟味することで、借り換えのメリットを大きく得ることができます。

■おすすめポイントその2 「ゆとりある限度額!」
複数社からの借入を一本化する場合に重要なのが 限度額 。ゆとりある限度額に対応したカードローンならば、借り換え後に再度資金が必要になった時も、利息のデメリットを最小限に抑えて借りることが可能です。

■おすすめポイントその3 「借り換えOKの商品!」
カードローンは事業資金を除きほとんどの場合使い道が限定されていません。その中でも借り換え、おまとめOKと明記のあるカードローンはとてもおすすめ。
一方、使い道が「旧債返済資金を除く」とある場合は借り換えすることができません 。

■借り換えによる一本化おすすめポイントのまとめ
複数社からの借入を一本化する時には、 金利の低さ、 限度額の大きさ、そして 借り換え向けかどうかをチェックすることが必要。これらから判断すると金利の低い 銀行系カードローン がおすすめとなっています。

借り換え一本化のポイントは「金利の低さ」「限度額の大きさ」「借り換え向けかどうか」

ひとことに銀行系といっても商品はさまざま。

その中でも「 住信SBIネット銀行(Mr.カードローンプレミアムコース) 」はダントツで金利が低く借り換えのメリットを大きく感じることができるでしょう。この他にも信用金庫や地方銀行などで借り換えに適した低金利な商品を見つけることができますよ。


本当に困っているあなたにはこちらのカードローンを

「どうしても利息の支払いが追いつかない…」、「返済が多すぎて分からなくなってきた」など、「本当に困った」時におすすめしているのが 楽天銀行(スーパーローン)

金利の低さ、 審査の通りやすさ、 ネット銀行という借り換えに適した楽天銀行(スーパーローン)のサービス内容を確認してみましょう。

■楽天銀行(スーパーローン)の基本情報
金利は年率 4.90%~ 14.50%。消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングと比較するとかなりの 低水準 です。貸金業者からの借り換えや一本化ならば、通常金利であっても十分にメリットを感じられます。

限度額は 最大500万円 。限度額300万円以下の契約ならば収入証明不要と手続きも簡素化されています。
パート・アルバイトはもちろん、専業主婦からの申し込みに対応しており、比較的審査基準が低いと言われる人気のサービスです。


■楽天銀行(スーパーローン)をおすすめする理由その1 「手続きの早いネット銀行」
都市銀行やネット銀行は手続きが早いことがメリット。また契約後もインターネットからさまざまな手続きを進めることができとても便利です。インターネット上に借入・返済履歴が保存されるので借入残高が把握しやすく早期完済に役立ちます。


■楽天銀行(スーパーローン)をおすすめする理由その2 「審査に通りやすい!」
口コミを確認してみると楽天銀行は審査に通りやすいと注目を集めています。特に楽天銀行(スーパーローン)については、 おまとめ(一本化) 借り換えOK と明記があり、借り換えによる利息の節約が推奨されています。

複数社のカードローン契約がある方にとって借り換えしやすいのはとても大きなメリットでしょう。


■楽天銀行(スーパーローン)をおすすめする理由まとめ 「最終手段に最適!」
楽天銀行(スーパーローン)の通常金利は年率 4.90%~ 14.50%。銀行系カードローンとしては一般的な水準ではあるものの、どうして楽天銀行(スーパーローン)をおすすめするのか?それは楽天銀行だけの嬉しいキャンペーンが理由です。

楽天銀行では時期によって「 金利半額キャンペーン 」を実施しています。
キャンペーンが適応された金利は年率2.45%~7.25%と業界最低水準。これならば小額の借り換えを希望する方も存分にメリットを感じることができるでしょう!


おすすめのおまとめカード比較ランキング

借り換えの効果を大きくするにはいかに低い利率で借りられるかがポイント!ここでは借り換えにぴったりのカードローンをランキング形式でご案内。各商品を比べて自分に合う1枚を見つけ出しましょう!

今ある返済の見直しを考える時にチェックしたいのは次のポイント。

ページトップへ