236 枚を審査基準や金利で徹底比較 ~


目次

銀行系カードローンの限度額をまとめて比較

0-20

銀行系カードローン特徴は、低金利かつ高めの限度額になっていること。

そのため、最も計画的に利用しやすく、お得に借り入れができるとして数あるカードローン候補のなかから第一候補として比較されるタイプです。

とはいえ、銀行系カードローンによって設定されている限度額は異なります。

そこで人気の銀行系カードローン6社の限度額を比較してみました。

銀行系カードローン 限度額上限
みずほ銀行カードローン 1,000万円
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1,000万円
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン 800万円
りそな銀行 プレミアムカードローン 800万円
イオン銀行 カードローンBIG 800万円
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 500万円

このように銀行系の限度額は最高で500~1,000万円という設定になっています。
最高限度額1,000万円となっているのは、「みずほ銀行」と「住信SBIネット銀行」の2種。
その他は平均すると最高限度額は800万円と設定しているところがほとんどでした。
もはや説明するまでもありませんが、銀行系はその他タイプのカードローンと比較にならないほど充実した限度額です。
大口融資をメインとしていることもあり、多くの借り入れを希望している方には最適といえるでしょう。

 

消費者金融系カードローンの限度額をまとめて比較

0-63

消費者金融系カードローンの特徴は、甘い審査に加え融資までのスピードが早いこと。

比較的審査基準が厳しくないため、申込者が限定されないメリットをもっています。

銀行系の平均限度額はおよそ800万円という設定になっていますが、消費者金融系の限度額はどのようになっているのでしょうか。

それでは、人気の消費者金融系カードローン4社の限度額を比較します。

消費者金融系カードローン 限度額
プロミス 500万円
アコム 500万円
モビット 500万円
新生銀行グループ ノーローン 300万円

銀行系と比較すると明らかに限度額は低めの設定です。
ほとんどの会社の最高限度額は横並びの500万円となっていて、「新生銀行グループ ノーローン」のみが300万円という結果でした。
以上を見てもわかるとおり、消費者金融系の最高限度額平均はおよそ500万円といったところ。
審査が甘く気軽に利用できるという特徴と、年収の1/3以上の借り入れができない総量規制の影響もあって限度額は抑え目になっています。
とはいえ、利用しやすさで比較すると銀行系に勝るので、スピード重視の借り入れを希望する方には最適といえるでしょう。

 

比較して分かった限度額の違い

0-81

銀行系と消費者金融系の限度額を比較してわかったことは、審査レベルによって融資額が大きく違うということでした。

銀行系は一定以上のステータスの方が対象であり、審査も入念に行われます。

よって、申込者の信用をじっくりと確認してから融資に至るというスタンスです。

一方で消費者金融系は安定した収入を得ている方、もしくは電話連絡が可能な方など、条件がかなり甘いです。

数万円程度の借り入れなら、収入証明書などを提出することなく融資が受けられるため、審査基準はかなりアバウトといっていいでしょう。

0-61

その点、消費者金融系は大口融資に対応せず、あくまで小口融資に限定している印象。

要するに申込者の個人情報量によって信頼に値すると判断されれば、それだけ多くの限度額が設定されるという結論に至りました。

カードローンの最高限度額は1,000万円のところがあるのに対し、消費者金融系カードローンの最高限度額はその半額の500万円

この差から見てもわかるように、審査レベルが厳しくなるほど限度額は高くなっていく仕組みです。

 

限度額の比較まとめ

銀行系と消費者金融系の限度額の比較についてまとめます。

1:銀行系は高い限度額&厳しい審査になる

銀行系カードローンはもっとも高いところで最高限度額は1,000万円という設定。
平均の最高限度額は800万円なので、大口融資に最適なタイプといえるでしょう。
ただし、それだけ審査が厳しくなります。
一定以上のステータスでない限り、まず審査通過をすることはできません。
よって、銀行系カードローンを利用できる人は限られているといった表現ができます。

2:消費者金融系は低い限度額&甘い審査になる

消費者金融系カードローンは最も高いところで最高限度額は500万円
銀行系カードローンの半額ということもあり、大口融資には不向きなタイプです。
ただし、低めの限度額設定のため、審査が甘く融資までにスピードが早いというメリットがあります。
ほとんどの消費者金融系が即日融資に対応しており、待つことなく借り入れが可能。
よって、すぐにでもお金が必要な方におすすめと言えます。

結論を言うと、ステータスに自信があり、大口融資を希望する方銀行系カードローンです。
ステータスに自信がなく、小口融資で構わないのですぐに借り入れがしたい方消費者金融系カードローンがベストということになります。
高い限度額にウエイトを置くのか、それともスピードを重視するのか。
申し込み者それぞれ目的は異なると思うので、どちらにメリットがあるのかよく比較することをおすすめします。

ページトップへ